位置確認スイッチプローブ(F487)

位置確認スイッチプローブ(F487)は、通常のスプリング式スイッチプローブの機能だけでなく、部品・コネクタの位置確認テスト機能が付いている。

通常のスイッチプローブは一定のストロークの後、1箇所だけスイッチがあるが位置確認スイッチプローブ(F487)は、2箇所スイッチがある。
スイッチの間隔は1mmで、そのスイッチポイントの精度は+/-0.2mm。

1個目のスイッチで閉回路、2個目のスイッチで開路となり、このOff-On-Off機能により、部品の有無を確認するだけでなく、正しい位置にあるか否かも確認できる。
長さや深さの確認等のシンプルなテストに適している。

【例】コネクタピンの長さ、DUTの穴の深さ、クリップテストのプラスチックの留め具の長さの確認等。


また、狭いスペースでのDUTの検知に適している。長さは25mmとコンパクトであり、4mmピッ チで使用できる。

スイッチポイントが1箇所のみの製品(F885等)と、高性能の位置確認用製品(PS100等)は既に存在する。
F487が加わることで、シンプルなテスト・高度なテストに合わせて選択することができ、よりニーズに合ったテストが可能となる。

Anwendung_F48x_01.jpg

    


位置確認スイッチプローブ規格一覧表

  Center Pitch

プローブ許容電流

センターピン許容電流 適合温度 プローブ固有抵抗 寸法チェック精度  仕様
F487シリーズ  NEW ! 4.00mm 10.0A 1.0A -20~+80℃ 20
 +/-0.5mm

OFF-ON-OFF

 ネジ式

 

 




  • お問い合わせ
  • 製品情報
  • カタログダウンロード
  • 個人情報の取り扱い
  • サイトマップ