塩水噴霧試験機

 

 

YSPW1.png
YSPW2.jpg



このシリーズの製品は、大気中に塩が含まれる微細な液滴によって構成される分散システムを解析する装置であり、

電子機器、電気自動車部品、FPCソフトボード、金具などの電気めっき製品に対する塩水噴霧腐食試験に広く使用されています。

中性塩水噴霧、酸性塩水噴霧、銅加速(CASS)などの複数の試験に対応できます。

塩水噴霧腐食試験機の中で最も費用対効果の高い製品です。

 

型式

TPSS/QS-90

試験室温度 

35℃±1℃/50℃±1℃

圧力タンク温度

47℃±1℃/63℃±1℃

動作室寸法

90×60×50

外形寸法

140×85×130

温度均一度

≤±2℃

温度変動

≤±0.5℃

塩水噴霧沈降量

1~2ml/80cm2/h

圧縮空気圧

1.00±0.01kgf/cm²

噴霧方式

連続または間欠的な噴霧

電源

AC  100V,50Hz,1.5KW

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1.素材:

試験室は、厚さ5mmのPVCポリ塩化ビニルを採用しています。

   堅牢な構造、耐酸性と耐アルカリ性、および70℃までの高温耐性を備えています。

試験室の密封蓋は、厚さ6mmのアクリル板を採用しています。

試薬補充用タンクは隠蔽式を採用しており、洗浄が容易で割れにくい構造です。

試験用バスケットは、平面分割棚を採用しており、角度を任意に調整できます。

   霧が落ちる方向と霧を受ける方向が完全に一致し、より多い試験片の配置ができます。

2. JIS、ASTM、CSN規格、設定可能な定温制御:

(1)塩水噴霧試験:NSS; ACSS

     ・試験室:35℃±1℃

     ・圧力エアタンク:47℃±1℃

(2)耐食性試験:CASS

     ・試験室:50℃±1℃

     ・圧力エアタンク:63℃±1℃

3.給気システム:空気圧は1kg/cm²で、2段階で調整可能 

  1回目の調整は排水機能付きの2kg/ cm²の吸気型エアフィルターで、2回目の調整は1kg/cm²です。

4.噴霧方法:

ベルヌーイの原理を利用して塩水を吸収してから霧化するため、霧化が均一になり、目詰まりや結晶化現象が起こらず、

     連続試験や断続的な試験の基準に満たすことができます。

ノズル:特殊なガラスノズルを使用しており、結晶塩の詰まりがなく、4000時間の連続使用が可能です。

噴霧量調整:1~2(ml/80cm²/h)(最低16時間でその平均量を求める)

噴霧方法:連続的または断続的。

5.加熱システム:

   直接加熱方式で昇温速度が速く、待機時間も短い、P.I.D+SSR制御(加熱管はチタン管を採用) 

 

制御システム:

・試験室の温度は0~99.9℃に制御され、LCD型はP.I.D自動計算機能を備え、制御誤差±0.3℃。

圧縮空気タンク温度は0~99.9℃に制御され、液晶表示タイプはP.I.D自動計算、制御誤差±0.3℃

試験室加熱槽の液体膨張に対する安全な温度制御:0~120℃

圧縮空気タンクの液膨張安全温度制御:0~120℃

時間コントローラ、表示時間制御 0.1s~9999hr

デュアルタイミングタイムコントローラ表示時間:0.1s~99hr

リレー

ソリッドステートリレー

噴霧電磁弁

水電磁弁

霧除去電磁弁

照光式押しボタンスイッチ

給水システム:自動または手動で給水、水位が低すぎる場合に自動補充または手動補充

塩水噴霧密閉水槽:手動給水方式

安全保護装置:

水位が低い時のヒーター電源の自動遮断

温度超過時のヒーター電源の自動遮断

安全警告灯付き

 



  • お問い合わせ
  • 製品情報
  • カタログダウンロード
  • 個人情報の取り扱い
  • サイトマップ