全自動挿抜力試験機

 

QZDCBL1.jpg

 

<用途>  

本装置は、各種コネクタの挿入力・引抜力試験に適しています。自動センタリング装置と各種コネクタ用の専用治具および高精度の荷重要素測定とサーボモーター駆動を採用しており、精度の高い挿抜力結果を得ることができます。また、各種コネクタの引抜・加圧試験も実施できます。

本機は、Windowsソフトウェア設定を採用し、操作が簡単で、試験データ(負荷ストローク曲線、負荷減衰寿命曲線、試験結果)を自動的に保存し、すべての試験条件を保存できます。

コネクタメーカーや完成品メーカーにとって、研究開発と品質検査に不可欠な試験機器となります。

<一般的な応用>

・コネクタ全列挿抜試験                          ・コネクタシングルホール挿抜試験

コネクタ全列挿抜寿命試験                    コネクタシングルPINおよびプラスチック保持力試験

コネクタNormal Force試験                コネクタ板ばね圧縮試験

コネクタの動的インピーダンス試験        各種引張試験・圧力試験

 

<特徴>

全自動試験方法

   試験条件を入力して保存するだけで、圧縮と引張試験が自動的に行われます。

さまざまな治具に対応でき、各種コネクタなどの製品試験に使用できます。

   コネクタなどR&D、IQC完成品の引張と圧縮試験、および寿命と動的インピーダンスの試験に使用できます。

   試験完了後、試験曲線とデータが自動的に保存されます。

高精密度

   荷重分解能:0.01gfまで、変位分解能:0.001mmまで

単位切り替え

   荷重の表示単位はN、gf、kgf、Lbを切り替えることができます。長さの表示単位はmm、cmを切り替えることができます

言語切り替え

   英語、日本語、中国語(繁体字/簡体字)の切り替えが可能、高い適応性

大規模な保存容量

   試験データ(曲線、データ)はコンピューターのハードディスクに保存されます

 (各データは回数に制限がなく保存できます)

使いやすい設計、容易な操作

   試験荷重、変位、回数、速度、待ち時間など、すべての試験条件は、コンピューター画面によって設定できます。

レポートの使いやすさ

   レポートヘッダーの内容はいつでも変更でき(日本語?英語、中国語に対応)、レポートは自動的に生成され、

   再入力は不要で、データレポートと曲線レポートを印刷できます。

 

試験結果の自動判定と分析

   圧縮荷重と引張荷重の上限値と下限値を入力でき、試験結果の合格または不合格を自動的に判定して分析できます。

スクロール式グラフ表示

   引張・圧縮曲線を自動的に生成し、挿入が正の値、引き出しが負の値となります。

 

 

 

型式

TPCB-66A

容量

5kgf,10kgf,20kgf,50kgf,100kgf

単位

kgf, N, Lb, gf

荷重精度

±0.2%

最小表示

0.01kgfまたは0.01gf

試験ストローク

0~150mm

ストローク最小表示

0.001mm

有効幅

290mm

試験速度

0~200mm/min or 600mm/min

速度精度

±0.5%

モーター

サーボモーター

本体寸法

460x270x950mm

本体重量

70kg

電源

AC100V  5A または指定

急停止応答時間

100ms

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

※納品時に実際の資料をご参照ください!



  • お問い合わせ
  • 製品情報
  • カタログダウンロード
  • 個人情報の取り扱い
  • サイトマップ